+おすすめ商品
自然ガイド 雨竜沼湿原
自然ガイド 雨竜沼湿原 (JUGEMレビュー »)
岡本 洋典
きれいな写真とイラストで分かりやすく雨竜沼湿原の魅力を紹介しています。湿原行の前に熟読をお勧めします。
paperboy&co. 無料ブログ作成サービス JUGEM
paperboy&co.
RSS 1.0
ATOM  0.3
ご投稿等はこちらのアドレスへどうぞ

スパム防止のため手で入力してください。
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< '11年7月21日の雨竜沼の状況 | main | '11年8月8日の雨竜沼の状況 >>
カテゴリ:ファンクラブ通信 the Movie

8月に入り雨竜沼を彩る花は次第に移り変わってきています。現在はエゾノシモツケソウやエゾクガイソウ、そしてタチギボウシなどが開花しています。池塘の中ではウリュウコ­ウホネやエゾノベニヒツジグサが可憐な花を咲かせています。
登山道沿いにエゾアジサイが多数開花しており、沢沿いの湿った場所ではフキユキノシタが開花しています。ササなどに絡まってイケマやツルニンジンなどのツル性の植物も開花しています。
湿原では河川に沿ってエゾノシモツケソウが各地で群落を形成しており、タチギボウシの開花数が増えてきました。湿原南部のコウホネ沼ではウリュウコウホネとエゾベニヒツジグサが共に開花中です。草丈の小さなピンクのトキソウが湿原の緑の中で目立ちます。
登山道では多くの昆虫類が見られますが、人の近くで飛翔する蝶の多くはヤマキマダラヒカゲとヒメキマダラヒカゲです。湿原内ではオオルリボシヤンマの雄が池塘をパトロールしている様子が観察できます。登山道と湿原の双方で開花植物に集まる多くのヒラタアブを観察できます。
湿原入口前で枯れたダケカンバに止まるアオバトを観察しました。湿原内ペンケペタン川ではマガモのファミリーがヒナを連れている様子や木道に止まるカワラヒワを観察しました。
なお動植物の採集・捕獲は一切禁じられていますので、山菜採りや昆虫採集などは行わないでください。
動画データ提供は自然写真家・岡本洋典氏


雨竜沼ファンクラブ on youtubeを開設しました。今後もyoutubeを通じて雨竜沼のすばらしさを全世界に発信していきます。

| 2011.08.04 Thursday | 09:20 |
ページ / 全 ページ