+おすすめ商品
自然ガイド 雨竜沼湿原
自然ガイド 雨竜沼湿原 (JUGEMレビュー »)
岡本 洋典
きれいな写真とイラストで分かりやすく雨竜沼湿原の魅力を紹介しています。湿原行の前に熟読をお勧めします。
paperboy&co. 無料ブログ作成サービス JUGEM
paperboy&co.
RSS 1.0
ATOM  0.3
ご投稿等はこちらのアドレスへどうぞ

スパム防止のため手で入力してください。
<< May 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 2012年6月15日の雨竜沼湿原・南暑寒岳融雪状況 | main | 2012年7月6日の雨竜沼湿原 >>
カテゴリ:ファンクラブ通信 Photo&Text

アップが少し遅れましたが、岡本洋典氏より6月26日現在の雨竜沼湿原の状況が報告されたので掲載いたします。

  • このところの高温小雨続きで、登山道は歩き易いが、湿原は感想気味。緑は広がっているが植物の草丈が平均低い。
  • エゾカンゾウは今月末までに開花し始めそう。
  • 登山道まではタニウツギが見頃となっている。
  • 枝沢の湿った場所ではオオバミゾホオズキやキバナノコマノツメが開花中。
  • 雪解けの遅れた場所にカタクリやエゾエンゴサクが開花中。
  • 白竜の滝の岸壁にはミヤマオダマキが開花中。
  • 湿原では雪解けの遅れた場所ではミズバショウやエゾノリュウキンカがまだ開花中。
  • ミヤマキンポウゲやシナノキンバイが開花し始めており、ヒメシャクナゲやチングルマも開花中。
  • 高温小雨の日が続いており、チョウやトンボの出現が例年より早まっており、湿原内ではキタイトトンボ、湿原と登山道の双方でヒョウモンチョウを観察。特にゲートパーク周辺ではヒメウスバシロチョウやミヤマカラスアゲハなど、多くの種数が観察可能。
  • ブユや蚊の多くなる時期なので、虫除け対策必要。
  • 気温の高い日が多いので、十分な水分補給が必要。
  • 白竜の滝の滝壺に降りると大変涼しい。
  • エゾヒグマの新しい痕跡は無し。

120626丸山沢の鉄橋丸山沢の鉄橋付近。
120626第一吊橋第一吊橋付近。
120626白竜の滝白竜の滝。
120626第2吊橋から見るペンケペタン川第二吊橋付近。
120626険竜坂を登る登山者険竜坂。
1200626旧水場先を歩く登山者旧水場先。
120626シナノキンバイが開花を始めた浮島橋付近浮島橋周辺。
120626コウホネ沼付近を進む登山者と南暑寒岳コウホネ沼付近。
120626まだまだ見頃のミズバショウとエゾノリュウキンカ往路木道で見られるミズバショウとエゾノリュウキンカ。
120626ペンケペタン川と南暑寒岳ペンケペタン川。
1206026大沼周辺の池塘と暑寒連峰大沼周辺の池塘。
120626成長し始めたウリュウコウホネ成長し始めたウリュウコウホネ。
120626キバナノコマノツメキバナノコマノツメ。
| 2012.07.01 Sunday | 15:00 |
ページ / 全 ページ