+おすすめ商品
自然ガイド 雨竜沼湿原
自然ガイド 雨竜沼湿原 (JUGEMレビュー »)
岡本 洋典
きれいな写真とイラストで分かりやすく雨竜沼湿原の魅力を紹介しています。湿原行の前に熟読をお勧めします。
paperboy&co. 無料ブログ作成サービス JUGEM
paperboy&co.
RSS 1.0
ATOM  0.3
ご投稿等はこちらのアドレスへどうぞ

スパム防止のため手で入力してください。
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 2012年7月6日の雨竜沼湿原 | main | 南暑寒岳への入山はできません。 >>
カテゴリ:ファンクラブ通信 Photo&Text

岡本洋典氏よりファンクラブ向けに7月6日現在の雨竜沼湿原の状況が報告されたので掲載いたします。

  • 先週久しぶりの降雨となり、やや湿り気を取り戻した様子だが、今後も晴天の日が続くため、乾燥傾向が心配される。
  • 120716渓谷第一吊橋から見るペンケペタン川渓谷第一吊橋から見るペンケペタン川
    120716渓谷第二吊橋の様子渓谷第二吊橋の様子
    120716鬱蒼とした木々の中を進む登山者鬱蒼とした木々の中を進む登山者
    120716険竜坂から見る雲海上の大雪連峰険竜坂から見る雲海上の大雪連峰
    120716湿原入口手前から見る南暑寒岳湿原入口手前から見る南暑寒岳
  • 高温小雨の傾向が続く為か、動植物の開花・出現は例年より早くなっている。
  • 120716湿原手前で咲くヒオウギアヤメ湿原手前で咲くヒオウギアヤメ
  • エゾカンゾウはややピークを過ぎつつ有り、昨年よりも花数は少し少なめになった。
  • 120716湿原内で咲くエゾカンゾウ湿原内で咲くエゾカンゾウ
  • 白竜の滝を見下ろすテラスから、オニシモツケの白い群落が観察。
  • 120716白竜の滝白竜の滝
  • エゾアジサイやコガネギクが開花し始めている。
  • 白竜の滝の岸壁にはイワキンバイが開花中。
  • 6月に開花していたノウゴウイチゴやサンカヨウが実を付けている。
  • 湿原ではエゾカンゾウがピークを過ぎたが、湿原西端ではまだ見頃。
  • 120716晴天の中エゾカンゾウ咲き乱れる木道を進む登山者晴天の中エゾカンゾウ咲き乱れる木道を進む登山者
  • エゾノシモツケソウやエゾクガイソウが開花し始めているす。
  • ツルコケモモの小さなピンクの花やヤマギトラノオの黄色の花も見られる。
  • 湿原内ではベニマシコ、登山道ではウソの姿を確認。
  • 湿原内では早くもオオルリボシヤンマの羽化が始まっており、ルリイトトンボも間もなく出現しそう。
  • 120716羽化し始めたオオルリボシヤンマ羽化し始めたオオルリボシヤンマ
  • 湿原内でニホンアマガエルの声を確認、年々数が増えている印象。
  • 日中、登山道を横切るトガリネズミの数が多い。
  • 早くもアブの攻撃が勢いを増している、虫除け対策必須。
  • 南暑寒岳、暑寒別岳方面では登山道からエゾヒグマが目撃されている。
  • 120716湿原内で蛇行するペンケペタン川湿原内で蛇行するペンケペタン川
    120716湿原テラスと憩う登山者たち湿原テラスと憩う登山者たち
    120716コウホネ沼から見る暑寒連峰コウホネ沼から見る暑寒連峰
    120716咲き始めたエゾベニヒツジグサ咲き始めたエゾベニヒツジグサ
    120716ウリュウコウホネと登山者による踏み跡ウリュウコウホネと登山者による踏み跡
    120716大沼からみる南暑寒岳大沼からみる南暑寒岳
    120716浮島橋付近から見る暑寒連峰浮島橋付近から見る暑寒連峰
    120716浮島橋付近から見る暑寒連峰浮島橋付近から見る暑寒連峰
| 2012.07.18 Wednesday | 05:00 |
ページ / 全 ページ